GoProHERO7のおすすめポイント3点まとめ

2018年9月。待望のGoProの最新モデルが発表されました。誰もが持つスマートフォンで可能な映像表現に飽きた方。スマホアプリの不自然な映像表現に嫌気が差した方。ダイナミックな映像表現を求める方に待望の商品です。今回は新シリーズHero7のおすすめのポイントをご紹介。どのGoProにするか迷っている方の参考になれば幸いです。

GoProで人気のトレンド

改善した色味と音質

GoProの最新シリーズHero7はBLACK、SILVER、WHITEの3モデルを展開。共通して前シリーズから改善しているのは色味と内蔵マイクの音質です。寒色気味だった色味はナチュラルなバランスに。外付けマイクが必須と言われるほどこもっていた内蔵マイクの音質もクリアに。よほど音質にこだわる人でなければ、GoProだけで動画撮影を完結できるようになりました。

GoProでおすすめの商品

GoPro Hero7 BLACK(異次元の映像表現が可能に)

GoProでまずおすすめすべき1台は「BLACK」でしょう。Hero7シリーズで最も高価なBLACK。詰め込まれた最新の機能は、その価格を忘れさせます。まずはHyperSmooth。本体内に強力な手ブレ補正機能が盛り込まれており、別売のジンバルやグリップを不要にしました。HyperSmoothとタイムラプス撮影が合体し実現したのがTimeWarp機能。タイムラプスが定点観測であるのに対し、TimeWarpはその動画版。文字通りタイムワープした動画が撮影可能に。異次元の映像表現を求める方におすすめです。

GoPro Hero7 SILVER(従来機能をお手頃に提供)

Hero7シリーズで性能・価格ともに中間に位置付けられるのが「SILVER」です。HyperSmooth機能がなく、撮影した動画をInstagramのストーリーなどで共有するライブストリーミング機能もありません。しかし、両機能がないのは旧機種も同じ。しかも価格は40,824円とかなりお安くなっています。両機能を重視せず、10MPの静止画、4K30フレームの動画、防水性能、音声コントロールなどの機能があれば満足できる方におすすめのGoProです。

GoPro Hero7 SILVER(GoPro史上最高のコスパ)

GoProで最もリーズナブルなのが「WHITE」です。その最大の特徴は安さ。30,024円とGoPro史上最安値のモデルです。もちろん一部機能はカットされています。SILVERに比べカットされているのは、GPS機能とWDR(ワイド・ダイナミック・レンジ)機能。GoProで動画を撮影したいもののGPSデータを活用する予定のない方や、もっぱら明るいところで動画を撮影する方、GoPro初心者でとにかく安いモデルが欲しい方にはこのWHITEで十分でしょう。

まとめ

今回はGoProの最新シリーズ3つのラインナップについて、それぞれのおすすめのポイントをご紹介しました。最新の技術が盛り込まれた最新モデルなら、ワクワクする動画や静止画は貴方のものに。最新のGoProを手に入れ、作品をSNSで自慢しましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*